働き方改革

目的なき働き方改革が失敗する理由とは?

先日、とある企業の人事の方からこんな質問を受けました。

「働き方改革って、要するに残業を減らすってことでいいんですよね?」

よくよく聞いてみると、こちらの企業では今年4月から長時間労働を是正するため、20時以降の残業を禁止し、強制的に消灯することにしているそうです。

この記事をお読みいただいている皆様がお勤めの会社ではどうでしょうか?

色々と施策を導入されていることとと思いますが、ここでは政府の実行計画に盛り込まれている働き方改革の9つのテーマを紹介します。

  1. 非正規の処遇改善
  2. 賃金引上げと労働生産性向上
  3. 長時間労働の是正
  4. 柔軟な働き方がしやすい環境整備
  5. 病気の治療、子育て・介護等と仕事の両立、障害者就労の推進
  6. 外国人材の受入
  7. 女性・若者が活躍しやすい環境整備
  8. 雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援、 人材育成、格差を固定化させない教育の充実
  9. 高齢者の就業促進

働き方改革実現会議決定 ⇒ http://www.kantei.go.jp/jp/headline/pdf/20170328/05.pdf

 

この実行計画の背景には、人口減少社会が抱える深刻な労働力不足があります。

要するに、近い将来、圧倒的に足りなくなる労働力をどう埋めるか、が働き方改革の出発点です。

いったいどれくらい足りなくなるのかというと、パーソル総合研究所の「労働市場の未来推計プロジェクト」によると、2025年になんと583万人もの人手が足りなくなるということ。

すでに多くの企業から「人手が足りない」という声が上がっているのを耳にしますが、状況は今後ますます悪化する一方なのです。

そこで、労働力不足を解消するための施策を「働き方改革」として打ち出しているというわけです。

 

また、実行計画の9つのテーマは、大きく次の3つに分類することができます。

  1. 労働力を損なわないための施策(長時間労働是正=健康被害の縮小など、労働を阻害する要因の排除)
  2. 新たな労働力を活用する施策(女性、若者、シニア、障害者、外国人等)
  3. 労働生産性を伸ばす施策(0.3%の改善で114万人分の労働力に匹敵)

 

 

さて、上記のように働き方改革は労働力不足という数年以内に訪れるほぼ確実な未来を背景としたマクロな施策であり、それが多くの会社に多大な影響を及ぼすことも事実ですが、1社1社が現在抱えている課題とは必ずしも一致しません。

そのため、働き方改革を推進されようとしている企業には、

「我が社はいったい何のために働き方改革を行うのか」

まずはこの問いに明確な答えを持つことからスタートされることをご提案しています。

自社の現状や課題を把握せず、目的があいまいなまま政府の掲げた旗に従って施策を導入しても、間違いなく失敗することが目に見えています。

 

例えば、冒頭で触れた「残業を減らすこと」にした企業の課題と目的は何か。

ある企業の営業社員にヒヤリングしたところ、残業を無くすのは不可能、もしくは残業を無くしてほしくないという声もかなりの割合で聞こえてきました。

  1. 上司やお客さんからの突発的なオーダーを断れない
  2. 基本給が少なく、残業代を生活費におりこみ済みのため、残業が無くては困る
  3. 利益予算を達成していないのに早く帰ると「成果も出せず、やる気もない奴だ」と判断されるのが嫌
  4. 早く帰っても家に居場所がないし、おこづかいも少ないので遊びにも行けないので遅くまで会社にいたい
  5. 多くの仕事を取ってきて、他の人よりも大きな成果を出したい

こうした声の中に取り組むべき本当の課題が隠されているように思うのです。

 


※当サイト運営者のボディチューン・パートナーズでは、働き方改革に関するコンサルティング、推進のカギを握るミドルマネジメント層に向けての研修を実施しています。ご興味のある企業様はお気軽にお問合せください。

お問合せ ⇒ contact@bodytune-partners.jp

今日から始めよう!
健康経営のミカタ

Twitter で
The following two tabs change content below.

健康経営のミカタ編集部

ビジネスパーソンの健康寿命の延伸をサポート!

関連記事

  1. 働き方改革

    「働き方改革」と「健康経営」の一体的推進のススメ

    先月、政府は働き方改革の実行計画として、罰則付き残業上限を設定した長時…

  2. 働き方改革

    健康経営&働き方改革ニュースまとめ 2017年4月号

    健康経営のミカタ編集部より、毎月、健康経営や働き方改革の注目記事をピッ…

  3. 働き方改革

    “ブラック部活動”に挑む指導者たち

    少し前から「ブラック企業」ならぬ「ブラック部活」という言葉をよく耳にす…

  4. 働き方改革

    「身体のホームポジション」 働き方改革を考える人事の皆様へオススメ健康本 vol.10

    今回ご紹介させていただくのは、2010年にBABジャパンより出版された…

  5. 書籍レビュー

    「疲れない身体をいっきに手に入れる本」 働き方改革、健康経営に役立つオススメ本レビュー vol.9

    今回も働き方改革や生産性向上に役立つ書籍のレビューをお届けいたします。…

PAGE TOP