カラダの健康

三日坊主のあなたのために。運動継続アプリ3選

The following two tabs change content below.
加藤 功甫

加藤 功甫

シニアコンサルタント株式会社Bodytune-Partners
NPO法人Connection of the Children 代表理事 一般社団法人日本スポーツ&ボディ・マイスター協会 ディレクター 横浜国立大学大学院修了。運動生理学修士。 元中高一貫校保健体育教師。 2011年、25社の協賛を得て、ユーラシア大陸2万キロを自転車横断。 各地の教育機関を訪問し、教育の可能性を研究。 2013年、非営利活動法人を立ち上げ、グローバルでローカルな教育プログラムを開発。全国の教育機関でプログラムを実施している。 2014年より、日本スポーツ&ボディ・マイスター協会でスポーツイベントの企画運営に関与。 年間150回のイベントのオーガナイズを実施。 主な研修テーマはレジリエンス、マインドフルネス、コミュニケーション、チームビルディング、キャリア、多文化共生。 2013年、2014年トライアスロン(ロング)日本代表 2015年、サハラマラソン250kmを完走。 資格 小学校教諭専修免許 中学校教諭専修免許(保健体育) 高等学校教諭専修免許(保健体育) 水泳1級 書籍 『ユーラシア大陸自転車横断2万キロの旅』 (枻出版社 2012)

「適度な運動を心がけてください」

ついつい不規則な生活を送りがちのビジネスパーソンには、
耳に胼胝ができるほど聞き飽きている言葉ではないでしょうか。

「適度な運動」

わかるようでわからない単語です。
どれくらい、何をやれば、適度な運動なのでしょうか。

実は厚生労働省がその目安として、

「健康づくりのための身体活動基準」

というものを設けており、そこで基準値が設けられています。

身体活動とは、スポーツだけでなく、日常的に生活で発生する動きも含みます。

「(18歳〜64歳の身体活動の基準は)強度が3メッツ以上の身体活動を23メッツ・時/週行う」

メッツ?
メッツ・時?

と新しく出てくる単位に困惑する方も多いのではないでしょうか。

どんな運動が何メッツなのか、ということは、
厚生労働省のページに記載されていますので、気になる方はご覧になってください。

http://www.nibiohn.go.jp/files/2011mets.pdf

これは、運動以外にも、日常的な動き(歩行や階段、掃除、睡眠など)も一覧になっています。

しかし毎回自分の動きをメッツ表に置き換えて考えて、記録して、、、など不可能ですね。
要するに、歩行またはそれに準ずる強度の身体活動を毎日60分程度続ければいいのです。

とはいえ、いくら健康が大切、と言われても
毎日60分の身体活動を続けるなど一人ではできないという方は少なくないはず。

かくゆう筆者もその一人で、三日坊主で終わった健康な生活の習慣化は過去数え切れないほど。

しかし近年、スマートフォンの普及により、
一人でいながら、強力なバックアップを、アプリを通して受けることができるようになり、
それらを使うことにより遊び感覚で日々の健康的な生活の習慣化が可能になってきています。

今回はその中でも3つのアプリを厳選してご紹介したいと思います。

 

3分フィットネス(料金:無料 / iPhone、Android対応)

どんなに忙しいビジネスパーソンでも、
24時間の中で3分の時間は確保できるはず。

48種類のトレーニングメニューから
自分好みのレベルのメニューを選び日々の運動補佐をすることができます。

文章だけではなく、音声と可愛らしいキャラクターのアニメーションがセットなので、
どのプログラムも抵抗なく実施できます。

筆者が最初に継続利用に成功したアプリです。
気づけば3分どころか20分程度実施してしまう日もあるほどです。

 

見た目ダイエット日記(料金:無料 / iPhone対応)

百聞は一見に如かず、ということわざがあるとおり、
目で見ることによる効果は絶大です。

「日々の成果の視覚化」に特化したアプリが本アプリ。

アプリ内で日々の自分の体の変化を撮影、記録します。
前日の自分のシルエットに重ねる形で写真を撮るので、
撮り損ないは少ないです。

難点となり得るのが、撮影した写真を自分のカメラロールに保存できないこと。
(有料版では保存可能)

でも考えようでは、毎日自分の半裸写真がカメラロールに保存されることがないので
むしろメリットとなり得るかもしれませんね。

単に体重のグラフが推移するだけでなく、
自分のお腹の写真も比較できるので、
継続が楽しくなるアプリです。

 

トレーニング・クロニクル(料金:無料*アプリ内課金あり / iPhone、Android対応)

通勤で電車を使うビジネスパーソンの多くは、
一度はスマートフォンゲームをやったことがあるはず。
中には毎日の通勤で熱中されている方もいるのではないでしょうか。

そんな方にオススメなアプリがこちら。

RPG風に設定された本アプリは、物語を進めながらキャラを成長させていきます。

ゲーム感覚で楽しくできる上に、最新のトレーニング理論がベースとなっているので、
ゲームを進めれば進めるほど、それを続けるあなたの体も健康になっていくという素晴らしいアプリです。

ちなみに本アプリでは運動だけでなく、食事と睡眠という、
運動に負けず劣らず重要な要素に対してもアドバイスを受けることができます。

ただし、実施する項目にはその場で腕立て伏せをやる、などが含まれていますので、
電車内でアプリをする際はお気をつけください。

 

番外編:Foodlog(料金:無料 / iPhone、Android対応)

未来を感じられるアプリを最後にご紹介します。

本アプリを最初に使用した時は、その技術に目を見張りました。

なんと、自分がこれから食べる食事をスマートフォンで撮影し、
アプリで認識するだけで、食べる食事の摂取カロリーを瞬時に計算してくれるのです。

複雑なメニューの認識には難がありますが、
今まで全て自分で入力しなくてはならなかったカロリー管理の業界に
イノベーションを起こすアプリになりえます。

生活習慣の改善、運動の習慣化、ダイエット、無数のアプリが今リリースされています。
無料のアプリも数多く存在しますので、自分の生活にあうアプリと巡り会うために
一役買えると何よりです。

 

関連記事

  1. 脳のパフォーマンスを高める

    ビジネスでも使える「超回復」とは?

    みなさんは「超回復」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ス…

  2. 運動

    人気ボディメイクトレーナー杉村恭平さんに聞く、効果的な筋トレのポイント

    正しいフォームの筋トレでターゲッティングもバッチリ!ジョイランの人…

  3. 健康推進コラム

    疲れにくい体をつくる秘訣は「よく噛むこと」だ!

    子供の頃に「よく噛んで食べなさい」と言われたことがある人は多いかと思い…

  4. 食事

    ビジネスマン必見!気になる体臭の原因と対策を徹底解説!

    「仕事中や通勤中に気になる体臭をどうにかしたい」加齢臭や頭皮の…

  5. 健康経営/働き方改革

    「身体のホームポジション」 働き方改革を考える人事の皆様へオススメ健康本 vol.10

    今回ご紹介させていただくのは、2010年にBABジャパンより出版された…

  6. カラダの健康

    今からできる今年の花粉症対策

    冬も半ばになり新年度を意識するようになると、花粉症に悩まされる人が多く…

  1. 健康経営・働き方改革を推進する企業インタビュー

    事例で学ぶ健康経営 Vol.1 株式会社ファナティック 〜クラウド型健康ランチシ…
  2. 健康推進コラム

    東京は街全体がジム?!
  3. 健康経営ニュース

    健康経営銘柄2018 選定の舞台裏を読み解く
  4. 健康経営/働き方改革

    「やめる」ことから始める働き方改革8選
  5. 生産性向上

    これからが健康経営取り組みのチャンス、健康経営サポートサービス3選!
PAGE TOP