カラダの健康

今からできる今年の花粉症対策

The following two tabs change content below.
にしだかなこ

にしだかなこ

管理栄養士・幼児食アドバイザー メンタルヘルスと“食”について支援センター等で講師を務める。 2016.12「心を育てる食育」出版。

冬も半ばになり新年度を意識するようになると、花粉症に悩まされる人が多くなります。ある調査では首都圏での花粉症発症率は47%であるといわれています。花粉症シーズンになると鼻水くしゃみだけでなく、鼻づまりや目のかゆみ、頭痛などつらい症状で仕事に集中できなくなる人も多いのではないでしょうか。また、薬の副作用である眠気とたたかっている人も多いかと思います。

ここでは、花粉症が起こるメカニズムを理解し、症状を抑えるポイントまで紹介していきます。

①花粉症が起こるメカニズム

花粉症とは、スギやヒノキの花粉が体内に入ってきたときに、その花粉を鼻水やくしゃみで外に排出しようとする免疫反応の一つです。

免疫反応の原因となる花粉(抗原)に対して、体内では対抗しようと抗体と呼ばれる物質がつくられます。体内で抗体の生成が一定になったときに、同じ抗原(花粉)が入ってくると、ヒスタミンと呼ばれる化学物質が放出されます。ヒスタミンなどの化学物質は神経や血管を刺激し、目のかゆみや鼻水として症状が表れます。

そのため、目や鼻の症状は「ヒスタミンによる炎症」とされます。ちなみに、花粉症の症状を和らげる薬(抗ヒスタミン剤)は、ヒスタミンが目や鼻の粘膜にくっつくのを防ぐことで炎症が起きにくくしているのです。

しかし、同じ花粉を体内に取り入れても炎症が起きやすい人と起きない人がいます。それは、「炎症を起こしやすい体内になっているかいないか」がポイントとなります。

②花粉に対して炎症を起こしやすくするものは

では、花粉が原因となって放出されるヒスタミンによって炎症が起きやすい身体とはどんな身体でしょう。体内の炎症といえば花粉症だけでなく、アレルギー、腸粘膜や胃粘膜の炎症、湿疹、ニキビなどあらゆる症状があります。

体内の炎症を促進させるものは2つです。一つ目はサラダ油です。サラダ油(大豆油、ゴマ油、コーン油、米油など)に多く含まれるオメガ6脂肪酸という脂肪酸が体内の炎症を促進させます。

サラダ油は調理の際に使うだけでなく、加工食品、惣菜、コンビニ弁当、お菓子、ラクトアイス、菓子パンなど身の回りの多くのものに含まれており、現代人は無意識のうちに過剰摂取になりがちです。身体にとって必要な量の10倍や50倍もの量を現代人は摂り入れているといわれています。つまり、現代人は炎症を起こしやすい身体になっているのです。

例えば唐揚げ3個食べたら、1日に必要なオメガ6脂肪酸の摂取量をオーバーしてしまいます。

よく食べる弁当やお菓子の袋の裏側を一度見てみてください。原材料欄に「植物油脂」と記載されていたら炎症を促進させるオメガ6脂肪酸(サラダ油)が使用されているということになります。普段、外食やコンビニ食、お菓子や加工食品をよく食べるという場合は、それらを控えることで炎症が起きにくくなります。毎年の花粉症がひどくて、仕事に集中できないという人は、花粉症シーズンになる2、3か月前からサラダ油の摂取を控えるよう意識していると、花粉での症状を緩和させられます。

体内の炎症を促進させるもの、2つ目は糖質です。砂糖、パン、麺、お菓子、ジュースなどの糖質も炎症を促進させる原因となります。サラダ油を控えるとともに、糖質の摂り過ぎにも注意しましょう。

③炎症を起こしにくくするもの

逆に炎症を起こしにくくするもの、また、今起きている炎症を終わらせる油があります。それが、オメガ3脂肪酸といわれるDHA・EPAです。DHA・EPAとは、魚に含まれている油です。DHA・EPAは、オメガ6脂肪酸の炎症促進作用を抑制する働きと、今起きている炎症を終わらせる働きをします。

炎症を起こしやすくしてしまうサラダ油はすぐに過剰摂取になることに対し、炎症を抑制するオメガ3脂肪酸は魚を意識して食べないと摂取できません

また、魚の油(DHA・EPA)は酸化してしまうと体内で効果を発揮できません。油の酸化とは、油に酸素・熱・光が結びつくことにより、油の性質が変わり、生活習慣病・老化・肌荒れ・加齢臭などの原因となることです。オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸はともに酸化しやすい油であるため、魚料理などは調理してすぐ食べることをお勧めします。調理後、時間の経過とともにDHA・EPAは酸化してしまい、炎症抑制効果がなくなり、老化を引き起こす原因になります。

さらに、魚や油物の摂取の際には、野菜や果物などの抗酸化物質(酸化を防ぐ栄養素)をいっしに食べるようにすることで、体内での酸化を防ぐことにつながります。

そして、魚料理の毎日の摂取が難しいという場合は、魚の缶詰も上手に利用しましょう。魚の缶詰は密封されているため、酸化の害も防ぐことができ、効率よくDHA・EPAが摂取できます。魚の中でも、イワシ・サバ・サンマ・ブリなどがDHA・EPA豊富であるとされています。

花粉症による症状に毎年悩まされているのであれば、花粉症シーズンになる前から身体を整えておくことが重要です。

加工品やお菓子などに含まれるサラダ油の摂取を控え、調理仕立ての魚料理を積極的に摂り入れることを意識しましょう。

関連記事

  1. カラダの健康

    太陽光が私たちに与えてくれるもの

    古より、私たち日本人にとって太陽は特別なものでした。毎年、新年には「初…

  2. 食事

    効果を実感できるサプリメント(健康食品)の選び方

    疲れ、だるさ、頭痛、肩こり、イライラ、不安感、眠気、花粉症など身体や心…

  3. 健康推進コラム

    「日々の生活で簡単にできるカラダパフォーマンスアップ ~現代の「座る」生活を改革~」

    今回のエントリーでは、「座」にフォーカスを当てたカラダのパフォーマンス…

  4. 書籍レビュー

    「カラダマネジメント術!」 健康経営、働き方改革に役立つ書籍レビュー vol.8

    今回も健康経営や生産性向上に役立つ書籍のレビューをお届けいたします。…

  5. カラダの健康

    三日坊主のあなたのために。運動継続アプリ3選

    「適度な運動を心がけてください」ついつい不規則な生活を送りがち…

  6. 食事

    一人ランチタイムを充実させる為の3つの提案

    本日のテーマは「戦略的一人ランチ」です。この記事を読んでくださ…

  1. 健康経営・働き方改革を推進する企業インタビュー

    【働き方改革インタビュー】株式会社ブリリアントマザー ~本当の女性活躍推進とは~…
  2. 健康経営・働き方改革を推進する企業インタビュー

    事例で学ぶ健康経営 Vol.1 株式会社ファナティック 〜クラウド型健康ランチシ…
  3. 健康推進コラム

    東京は街全体がジム?!
  4. 健康経営/働き方改革

    「やめる」ことから始める働き方改革8選
  5. 健康経営・働き方改革を推進する企業インタビュー

    【事例で学ぶ働き方改革】アクロクエストテクノロジー株式会社 ~社員がいきいきと働…
PAGE TOP